ARTISTS & CREATORS INFORMATION
“ARCHITECTURE”
(泰有通信 vol.3掲載)

2020.03.24 泰有通信 トキワビル/シンコービル

不動産事業をとおして、コミュニティをはぐくむまちづくりに取り組む泰有社。半期ごとに、入居アーティスト・クリエイターの活動を紹介する広報誌「泰有通信 vol.3」のコンテンツを、WEBサイトでもご紹介します。ARTISTS & CREATORS INFORMATIONは、関内エリアにある泰有社の3つのビルに入居する、アーティストやクリエイターの活動をご紹介するコーナーです。
ここでは、カテゴリーのうち“ARCHITECTURE”の情報をご紹介します。

ARTISTS & CREATORS INFORMATION “ARCHITECTURE”

多摩ショッピングコーポ302号室のリノベーション
トキワビル 安田博道

川崎市内にある「多摩ショッピングコーポ」は築40年の共同住宅です。多くがリノベーションの時期を迎えているRCの集合住宅。その主な改修法として、設備機器と内装素材の更新にとどめるか、スケルトンからやり直すかの2つがあります。安田さんはそのどちらでもない、新たな方法での改修を試みました。
改修の特徴としては、柱など古い材料を再利用しつつも、部分的に新しい素材を重ねています。しっかりと空間構成されたなかに、断片のように残る古材の風合いが生かされた改修になりました。

撮影:中川達彦


 


 

スマイノ、ゼンリョク、エコヒイキ。
トキワビル FURIKIRI

トキワビルにオフィスを構える不動産会社のFURIKI RI。この道一筋の代表・村上三水(さんすい)さんは、サラリーマン投資家から某有名企業の社長まで、多くのお客さまからの信頼を得て活動をしています。
そんなFURIKIRIのコンセプトは、「みな平等」が当たり前の現代で、自分のパートナーを全力でえこひいきすること。現在は泰生ビルの一級建築士事務所「秋山立花」とのコラボ物件も進行中です。住まいのことでえこひいきされたい方は、ぜひ一度、トキワビルをお訪ねください!

各入居者より情報をご提供いただきました

その他泰有通信についてはこちらから

>