オーナーズアイ
水谷浩士×伊藤康文
(泰有通信 vol.5掲載)

2022.05.31 泰有通信 泰有社

私たちは不動産事業をとおして、コミュニティをはぐくむまちづくりに取り組んできました。入居アーティスト・クリエイターの活動を紹介するフリーペーパー「泰有通信 vol.5」のコンテンツを、WEBサイトでもご紹介します。オーナーズアイは、水谷浩士と伊藤康文が泰有社のまわりの出来事を振り返るコーナーです。

対談:水谷浩士(泰有社代表取締役)、伊藤康文(泰有社)
進行:編集部(株式会社ボイズ)

オーナーが2021年度のできごとを振り返ります!

編集部 今年は弘明寺でたくさんの新しい動きがありました。「ニューヤンキーノタムロバ」も、いよいよ4月から始動となりますね。

水谷 ここ1年で弘明寺にもアーティストやクリエイターが集まり、とてもありがたいです。入居者同士がつながり、今後イベントなどを開いていければと思っています。「タムロバ」からは、まちに新風を吹き込めるような弘明寺発のクリエイターが巣立ってほしいです。

伊藤 弘明寺では、プロジェクトとして取り組んだことが元になって、色々なところで化学反応が起きているのが面白いです。「タムロバ」では弘明寺から新たなサブカルチャーを生み出すことを目標にしています。食、ファッション、農業など色々なことにチャレンジしたい人はたくさんいるのに、それを発信する場はなかなかありません。ここでは1年間何でも好きなようにやってみて、ぜひ自分の可能性を見つけてほしいですね。

編集部 新たなスペースのお披露目や屋上でのイベント開催などチャレンジの1年でしたが、コロナ禍という面ではいかがでしたか?

伊藤 コロナ禍で退去があっても、すぐに次の入居者の方が決まりました。弊社のように自由にリノベーションできる賃貸物件はめずらしく、その認知も高まっているようです。動きにくい時代ではありますが、生活スタイルや時間の使い方が変化しているからこその需要を感じています。

編集部 来年度の予定や抱負があればお聞かせください。

水谷 今後は、コロナ禍で大切にする人が増えた「住」に力を入れたいですね。住まいの探し方も変化しているはずなので、SNSなどを活用してうまく募集できれば。コロナが収まれば、弘明寺でも、お寺・商店街と入居者の交流や共同イベントをしたいです。

伊藤 「住」の面では、弘明寺の「タムロバ」に加えて、GMビルで「デザイン賃貸」を開始予定です。これは、改修年数分住むことを前提に建築家がデザインをし、弊社で部屋のリノベーションをするというもの。建築家が退去した後も、そこを気に入った人に住んでもらえる仕組みです。関内での活動を通して、クリエイティブなコミュニティをつくるという泰有社のブランディングは浸透してきた印象があります。やはり物件のカラーはそこに集う人がつくっていくものだと思うので、弘明寺もそれを目標に変えていきたいと考えています。

 

2022年2月17日収録

その他泰有通信についてはこちらから

>