MAGAZINE

GM2ビル
弘明寺から発信するアート
小泉明郎さん、渡辺篤さん(弘明寺特集vol.1)

当社は関内のほか、弘明寺にも3棟のビルを所有しています。本社が入るGM2ビルと、新しいライフスタイルを発信する水谷ビル、そして主に住居として使われているGMビル。これらの拠点から、アートやカルチャーの新たな風を吹き込んでいきます。弘明寺特集では、そんな現在進行系の取り組みをシリーズでご紹介。vol.1は、GM2ビルにアトリエを構えるアーティストの小泉明郎(こいずみ・めいろう)さん、渡辺篤(わたなべ・あつし)さんへのインタビューです。

泰生ビル
ピクニックルーム
地域の親子に安心を

泰生ビル5階の保育園「ピクニックナーサリー」が2017年11月に開所して丸3年。この度当初からの507号室に加えて502号室も改装し、2部屋に増床した。ビル内や関内エリアで子育てしながら働くクリエイターたちの拠り所となっている同園と、向かいの泰生ポーチ1階で開いている放課後児童学習支援事業「ピクニックスクール」、日本大通りのライフデザインラボで行っている子育てサロン「ママピクニック」の3つの事業を束ねる株式会社ピクニックルーム代表の後藤清子さんに、改めて歩みを振り返ってもらった。

泰生ポーチ
旅するコンフィチュール
真向かいのビルに移転し、新たなスタートへ

2020年秋、季節のジャムと焼き菓子の店「旅するコンフィチュール」が、横浜・関内の泰生ポーチに移転オープンした。真向かいの泰生ビルで工房をスタートしてから7年。改めて「旅するコンフィチュール」の違克美(ちがい・かつみ)さんに、お店のはじまりと軌跡を伺った。

水谷ビル
アキナイガーデン
口コミで広がる「商い暮らし」の輪

弘明寺商店街の真ん中で、さまざまな人に“小商い”の場を提供してきた「アキナイガーデン」。昨年6月にオープンしてから、あっという間に一年以上が経ちました。改めてどんな人が集まるようになってきたか、どんな変化があったか、同じビルに住みながらアキナイガーデンを運営し“商い暮らし”を実践する神永侑子さんと梅村陽一郎さん夫妻に伺いました。

水谷ビル
きまま茶ろん
日本茶で豊かな時間を

小商いを実践する人々が集う水谷ビル1階のレンタルスペース「アキナイガーデン」。野菜マフィン専門店「アズマフィン」に続いて、今回は「きまま茶ろん」の営業日にお邪魔しました。

水谷ビル
AS muffin
野菜マフィンで「たべるをたのしく」

水谷ビル1階にオープンしたレンタルスペース「アキナイガーデン」。毎回、個性的な出店者が代わる代わるお店を営業しています。今回は、水島綾子さん・智子さん姉妹がふたりで営む野菜マフィン専門店「AS muffin(アズマフィン)」を訪ねてきました。